Skip to content Skip to footer

Loading Results

HRテクノロジーの進化における HRIS(人事システム)の未来―2020HRテクノロジーサーベイ報告書

2021-02-25

これまではヒトの管理中心であったものがジョブ型雇用に対応すべく職務やポジションのシステム管理も求められるようになってきています。人員の最適配置はグループ/グローバル全体で行うことが当然となり、異動や抜擢においてもさまざまなデータに基づく合理的かつ最適な意思決定を指向するようになっています。人事管理システム(HRIS)はもはや人事部門だけが使うものではなくビジネスの現場、経営者にとって必須のツールとなりつつあるのです。

このような中、PwCJapanグループは、各企業・組織における、より有効、効率的なHRIS、それを支える技術、組織はどのようなものかを模索するための調査「HRテクノロジーサーベイ2020」を実施しました。本レポートではHRISがビジネス課題解決へより一層の貢献を果たすためのポイントについて、何をすべきか(機能)、どのようなシステムとするか(構成)、どのように進めるか(導入プロジェクト)、誰が担うのか(要員)という4つの視点で考察します。

HRテクノロジーの進化における HRIS(人事システム)の未来―2020HRテクノロジーサーベイ報告書

{{filterContent.facetedTitle}}