Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

OECD・BEPS行動11の討議草案公表BEPS分析の向上

2015-05-01

BEPSニュース - Issue 22
2015年5月1日

 

2015年4月16日、OECDは税源浸食と利益移転(Base Erosion and Profit Shifting: BEPS)プロジェクトの行動11(IMPROVING THE ANALYSIS OF BEPS)に関する討議草案を公表しました。

その内容は、第一章ではBEPS分析に関する既存のデータソースの評価、第二章はBEPSの規模と経済効果に関する潜在指標(長所と限界)、第三章は既存のBEPSの実証的分析とBEPSの規模を推測するためのアプローチの提案、となっています。

OECDは、本討議草案に対して、2015年5月8日までコメントを受け付けています。

  • 第一章(BEPS分析に関する既存のデータソースの評価)
  • 第二章(BEPS潜在指標について)
  • 第三章(BEPSおよび対抗措置の規模と経済効果に関する経済分析)

(全文はPDFをご参照ください。)