Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

企業価値向上に向けたグループガバナンス構築

2020-12-11

1.はじめに

政府主導のコーポレートガバナンス改革、株主アクティビズムの活発化、世界的なESG(環境・社会・ガバナンス)への問題意識の高まりなどにより、多くの企業にとってコーポレートガバナンス・グループガバナンスの見直しや構築は重要な課題となっています。さらには、国内市場の縮小、デジタル技術の進化をはじめとした事業環境の変化により、事業経済性の変革や新規ドメインの立ち上げといった戦略の転換に迫られるなか、戦略の実行という観点においてもその重要性が高まっています。本稿では、経営の透明性・効率性の担保はさることながら、戦略の実現やその手段となるM&A・アライアンスの成功においてもガバナンスの高度化が重要という考えをもとに、特にグループ経営における実効的なガバナンスの在り方であるグループガバナンスに焦点を当てたアプローチを紹介します。

なお、本稿における「ガバナンス」とは、「戦略実現にかかる統治のあらゆる体制・プロセス」を指すものであり、一般的に想起される「監督と執行の在り方」や「不正防止・法令遵守」との観点に留まらない広範な概念として扱います。

図表1 コーポレートガバナンス・グループガバナンスの論点と検討事項

4.さらなるグループガバナンス高度化に向けて

実効性のあるグループガバナンスの構築に向けたプロセスは、一度策定したからといって、それで終わるものではありません。継続的な見直しを行うことで、自社のグループガバナンスの型(=グループガバナンスモデル)を作り、事業環境の変化や全社戦略の転換に合わせて調整していくことが求められます。また、グループガバナンスの実効性をさらに高めるには、論点に示した事業ポートフォリオ管理やグループ人材管理の体制・業務プロセスを構想し、グループ全体に展開していくことも重要です。

5.PwCのサービス:企業価値向上を実現するガバナンス構築を支援

PwCコンサルティングはコーポレートガバナンス・グループガバナンスの構築支援に関する豊富な経験をもとに、広範な論点に関する課題への対応、企業価値向上を実現するガバナンス構築をワンストップで支援します。

  • コーポレートガバナンス・グループガバナンスにおける課題の抽出
  • コーポレート機能配置、事業・子会社への関与度の現状調査・分析
  • コーポレートガバナンス・グループガバナンス構築に向けた構想・ロードマップ策定
  • 各種体制・業務プロセス・規程の整備
  • ガバナンスのロードマップに基づくグループ組織再編の計画策定・実行支援
事例1:大手食品会社のグループガバナンス構築支援

大手食品会社に対して、長期ビジョンの実現に向けた、グループ本社機能の最適化、事業・子会社への関与方針の明確化、事業計画策定・モニタリングの規律強化に向けた体制・仕組み構築の支援を実施しました。

事例2:大手サービス会社のグループガバナンス構想支援

大手サービス会社に対して、当社の新たな組織・ガバナンス体制立上げに際するグループガバナンス構想に向けた、コーポレート機能の現状調査やグループ本社の将来像の策定を支援しました。

執筆者

有馬 大貴

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}