The Sustainability Yearbook 2020 日本語版

2020-08-19

RobecoSAMのESG(環境・社会・ガバナンス)レーティング事業がS&P Global傘下となってから初となる「Sustainability Yearbook 2020 日本語版」が発行されました。PwC Japanグループでは、本書が日本の企業および機関投資家の皆様に広く活用されることを願い、2015年より日本語版の制作に協力しております。

Sustainability Yearbookでは、Corporate Sustainability Assessment(CSA、コーポレートサステナビリティ評価)※により、世界の主要企業の財務上重要なサステナビリティ/ESGの取り組みを毎年評価し、産業ごとに最も優れた上位15%の企業を掲載しています。厳選されたベスト・イン・クラスの企業のみが掲載される本書は、長期的に競争力の高い企業を選別しようとする投資家にとっては羅針盤として、また、企業にとってはサステナビリティマネジメントのツールとしての役割を担っています。

最新版であるSustainability Yearbook 2020には、4,710社を対象としたCSAの結果として、コーポレートサステナビリティにおける優良企業458社が示されています。掲載された33カ国の優良企業の地理的分布を見ると、欧州167社(2019年は172社)が最も多く、次いでアジア太平洋118社(同113社)、新興国市場88社(同85社)、北米85社(同88社)、となっており、アジア太平洋および新興国市場の掲載企業数が2019年よりも増加しています。日本の掲載企業数は2019年の53社から57社に増加しています。

またSustainability Yearbook 2020では、企業一覧に加え、以下の論考も掲載しています。

  1. インパクト評価 – サステナビリティの説明責任を負う
  2. 遠くの脅威、今そこにある危機、現在の論争 – 早期のリスク認知、リスクマネジメント、リスク回避の関係を探求する
  3. 気候変動の情報開示 – 変革のための第一歩

Sustainability Yearbook 2020に掲載された日本企業57社をはじめ、本調査に参加された全ての日本企業の中長期的な成長と発展に向け、PwC Japanグループは、PwCグローバルネットワークと連携し、サステナビリティ戦略立案および情報開示に関わるアドバイザリーサービスを通して、日本のコーポレートサステナビリティの推進を支援します。

※Corporate Sustainability Assessment(CSA、コーポレートサステナビリティ評価)

持続可能な投資に焦点を当てたアセットマネージャーであるRobecoSAMは、1999年にCorporate Sustainability Assessment(CSA、コーポレートサステナビリティ評価)を開発しました。CSAは、過去20年間で数十億米ドルの資産を引き付け、多数のS&P ESGインデックスの基礎となっています。2020年にS&P GlobalがRobecoSAMのESGレーティング事業を買収し、現在は、DJSI(Dow Jones Sustainability Index)のための企業評価であるESGレーティング事業はS&P Globalが提供するサービスの一部となっています。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}