Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

医彩―PwC Healthcare Hub 第5回 脳機能評価の標準化がもたらす予防医療の未来

2021-10-13

医師や看護師などの医療従事者、最新の知見や技術を持つ研究者、医療政策に携わるプロフェッショナルなどを招き、その方のPassion、Transformation、Innovationに迫るシリーズ「医彩」。第5回は慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授の川森雅仁氏と筑波大学医学医療系精神医学 准教授の根本清貴氏をお迎えします。

日本発の脳の健康管理指標で、国際標準規格としても認められたBHQ(Brain Healthcare Quotient)が近年、注目を集めています。健康増進の動機付けや生活習慣の改善だけでなく、認知症予防対策にも役立つと期待されるBHQが今後、世界で役立てられるために必要なことは何か。川森氏や根本氏と同じくBHQの規格策定に携わったPwCコンサルティング合同会社ディレクターの山川義徳を交え、BHQの可能性や健康に関するデータの取り扱いについて意見を交換しました。(本文敬称略)


登場者

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授
川森 雅仁氏

筑波大学医学医療系精神医学 准教授
根本 清貴氏

PwCコンサルティング合同会社
ディレクター
山川 義徳

PwCコンサルティング合同会社
シニアマネージャー
倉田 直弥

(左上)川森氏 (右上)根本氏 (左下)山川 (右下)倉田

(左上)川森氏、(右上)根本氏、(左下)山川、(右下)倉田

※所属法人名や肩書き、各自の在籍状況については掲載当時の情報です。

主要メンバー

山川 義徳

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email


{{filterContent.facetedTitle}}