クロストーク「対等に話し合える先輩・後輩」

「Speak Up」が浸透しているからこその先輩・後輩関係を築く2人に聞きました。

対談者

高橋 侑也(写真左)
シニアアソシエイト/テクノロジー・エンターテインメント部

近藤 はるか(写真右)
アソシエイト/テクノロジー・エンターテインメント部


高橋 
私が2016年12月に学生非常勤で入社し、その翌年の12月に近藤さんが学生非常勤で入社してきたんですよね。出会いは確か、私がTMT(テクノロジー・エンターテインメント部)のリクルートリーダーを務めた1年目の時に行われた就活イベントだったかと。

近藤 そうです。まだ年次が若いのにマネージャーやパートナーとも親密にお話しされているのが印象的でした。さらに、オフィスが入っている大手町のビル1階のサイネージ広告にも高橋さんの姿があって、“会社の顔”なんだなと思っていました。

高橋 冷やかしも兼ねて“顔”と言われています(笑)。

近藤 そんなことはありません。高橋さんがインチャージを担当しているゲーム会社の監査チームに、入社してすぐから関与していますが、法人にとっても後輩である私にとっても頼れる存在だと実感しています。まず、就活イベントで高橋さんから聞いた仕事内容や現場の雰囲気と、実際のチームに全くギャップがなかったことが大きな信頼につながりました。また、監査上気をつけるべきことやゲームクライアント特有の会計処理など基本的な指導はもちろん、監査現場に持参するもの、使用度が高いおすすめのエクセルのショートカットキーといった実用的なアドバイスまで、仕事面で幅広くフォローしてくれ、非常に面倒見が良かったです。他のチームに行っても恥ずかしくないくらいの基礎知識が持てるように育ててもらい、感謝しています。

高橋 そう言ってもらえると嬉しいです。社内的な手続きやちょっとしたことを1、2年上の先輩に相談できる「バディ制度」がPwCの特徴の一つでもあるので、私も自分が知っていることはできる限り丁寧に教えようと心掛けています。それが後輩のスキルアップに直結すれば本望ですね。

(左から)高橋 侑也、近藤 はるか

先輩に対しても声をあげやすく
建設的な議論ができる

高橋 近藤さんは最初、大人しいイメージがありましたが、一緒に働くようになってからは、意思の強さと実行力の高さに驚かされっぱなしです。同じ監査チームでは私の指示の意図を的確に汲み取り、スピーディかつ淡々と作業をこなしますし、業務の効率化の取り組みについて「こうしたほうがいい」という意見を積極的に出してくれるのもありがたいですね。 

近藤 PwCには「Speak Up」の文化があるので、社内的にも声をあげやすい環境ですが、高橋さんには特に意見を言いやすいです。議論と人間性を切り分けて考え、提案を雑音なく受け取ってくれますし、議論の後は、どちらの意見が採用されても「それはそれ」の姿勢で業務を続けてくださいます。

高橋 「Speak Up」は大歓迎ですから。仕事を効率化できれば、私を含めたチームメンバーの残業も減りますし、結果、「このチームはできているな」と上司にも評価され、一石二鳥になります。それに、TMT出身のアシュアランスリーダー自身が、目安箱を作ったり、実際に1 on 1面談を開いたりと「Speak Up」を吸い上げる取り組みを実践されているのも励みになっています。

近藤 そういった風通しの良さがPwCの魅力ではありますよね。だからこそ、多種多様な人材が集まり、キャリアの選択肢もさまざま。ロールモデルが千差万別ゆえに、後輩だからといって必ずしも先輩に従う必要はなく、自分が正しいと信じた道を歩めます。

お互いの成長に鼓舞され
スキルも関係性の質も高まる

高橋 近藤さんは入社3年目ですが、この1年で成長したと思えることはありますか?

近藤 はい。会計処理の検証の精度が高くなりました。それに付随して、視座を高く持てるようになってきた気がします。これは高橋さんのおかげでもあります。一年しか違わない先輩が既にインチャージとして多角的な視点で業務を遂行し、かつ+αでクライアントに付加価値を提供することに心を向ける姿を間近で見て、鼓舞されていますね。

高橋 確かに、チーム全体を見渡しながら作業できるようになったという点で、近藤さんの成長は著しいです。入社当初から知っているので、感慨深さもあります。

近藤 ありがとうございます。高橋さん自身はどうですか?

高橋 この1年はスタッフとインチャージの違いを実感しました。スケジュール管理から、業務の割り振り、実際の会計論点をどう落ち着かせるかまで、将来的な影響も踏まえつつ常に先回りをして考えるクセがついてきました。スタッフに対しても、今後必要になる作業をなるべく早めに伝えることを意識するようになったのは成長ですね。

近藤 高橋さんのタイムリーな情報共有は、自分のスケジュールを立てやすくて助かっています。リモートワークになってからも、気軽にチャットで話しかけてくれるなど、質問しやすい環境を作ってくださっていますよね?

高橋 そうですね。新しく入ってきた人にも自分から積極的にコミュニケーションをとるようにしています。気兼ねのない関係性を作っておけば、業務もスムーズに進行しますから。これからもそのスタンスで居続けたいですね。

2人からのメッセージ

自分らしいキャリアを見つけたい方はぜひ!(高橋)

TMTのリーダー自身が、キャリアの幅を広げるチャンスを多様な形でスタッフに提供したいと考えているので、相談すれば親身になってアドバイスしてもらえます。サポート体制も万全ですので、自分らしいキャリアを形成したい人はぜひPwCに来てください。
 

主体的な方、主体的になりたい方、お待ちしています!!(近藤)

職階の垣根を越え、“誰が”ではなく“何を”言っているかにフォーカスしてくれる法人ですから、自分の意思を見つめ直せるきっかけが多くあります。前向きにチャレンジする周囲に刺激されるうち、主体性も生まれ、新しい自分を発見できる機会が増えるはずです。

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}