People

PwCは、人材こそが最も重要な資産であり、人材価値の向上が私たちの成功につながると考えています。求める人材像や人材育成の方法、職員インタビューをお届けします。

リーダーズメッセージ

時代の流れやテクノロジーの進化、ビジネススタイルの多様化を受け、監査法人として組織の在り方や、監査とアシュアランス(信頼付与)の担う役割が変化していくことが予測されています。新たな変革の時を前に、製造・流通・サービス業“MDS”の好田 健祐パートナーと、金融サービス業“FS”の辻田 大パートナーは何を思うのでしょうか。二人の採用担当パートナーが、PwCあらたの未来、そして各部門の特徴・魅力を語りました。

詳細はこちら

人材育成

私たちは、人材こそがプロフェッショナルサービスファームの最も重要な資産であり、人材価値の向上が組織の成功をもたらすと考えています。そのために必要な手だてとして研修制度の充実を図っており、会計監査にかかわる研修のみならず、「リーダーシップ」「ビジネス」「グローバル」「リレーションシップ」といった各領域のトレーニングコースを、各年次に応じて多数、用意しています。

PwCの人材育成について

研修制度について

職員インタビュー

多様なキャリアを持つ人材が集まり、お互いに高め合うことができる環境です。

詳細はこちら

監査業務変革への取り組み

PwCあらた有限責任監査法人は「デジタル社会に信頼を築くリーディングファーム」を目指し、監査業務の変革を進めています。従来の監査に、テクノロジーを用いた最先端のアプローチを融合させることで、監査品質のさらなる向上を目指します。

詳細はこちら