製造・流通・サービス 財務報告アドバイザリー部 MDS FRA

業務内容や目指すべき方向、パートナー&マネージャーのメッセージを紹介します。

CFOのTrusted Advisorになる

製造業などを含む多様な企業に対し、幅広い会計アドバイザリー業務を提供しています。「CFOのTrusted Advisorになる」を部門のビジョンに据え、企業の成長を支えながら、私たちもともに成長していくことを目標にしています。

【1】監査法人のアドバイザリー部門として、「監査人の目線」からのアドバイスを提供しています。会計アドバイザリーと監査の知識、経験をバランスよく身に付けることができるアサインメントも実践しています。

【2】製造業、流通、サービスを営む多様な事業会社に、IFRSや米国会計基準に基づく財務諸表作成、M&A支援などの会計アドバイザリーを行っています。決算早期化、経理業務改善、統合報告といった幅広いサービスも提供しています。

【3】MDS FRAでは、クライアントとなる企業の活動の複雑化に伴って、税務やコンサルティングとの協働の機会が増えています。異なる分野の専門家と協働することで、会計以外の知見を深めることが可能になります。

部門インタビュー

矢口 由祐

製造・流通・サービス 財務報告アドバイザリー部

矢野 真基

製造・流通・サービス 財務報告アドバイザリー部

部門インタビュー動画

製造・流通・サービス 財務報告アドバイザリー部(MDS-FRA)で行う業務や力を入れている取り組みなどについて、パートナーと若手職員が語ります。

Playback of this video is not currently available

2:14

MDS FRAの3つの魅力

01 働きやすい環境がある

さまざまなキャリアを持つ人がいます。一人一人のワークライフバランスを尊重してプロジェクトや業務内容を決定しているため、業務時間も調整しやすく、仕事もプライベートも充実させることができます。

02 多様な経験ができる

会計アドバイザリーの他、監査経験も積めます。PwCメンバーファームと連携し、サービスを提供するため、税務、コンサルティングなど多様なスキルを持つ専門家との繋がりから知見が深められます。

03 幅広いサービスに関与できる

幅広い事業会社がクライアントであるだけでなく、サービスも多彩。IFRSや米国会計基準に基づく財務諸表作成、M&A支援に関する会計アドバイザリーなど、新しい会計領域へチャレンジする機会があります。