金融 財務報告アドバイザリー部 FS FRA

業務内容や目指すべき方向、パートナー&マネージャーのメッセージを紹介します。

会計のプロとして活躍できる金融アドバイザリー専門部門

大手金融機関が直面する最先端の課題について、プロフェッショナルとして解決を支援する部門です。1年目からアドバイザリー業務で活躍でき、公認会計士としての無限の可能性にチャレンジできます。

【1】アドバイザリーに特化した専門部門です。会計、内部統制などの専門知識をベースに、海外上場、海外進出支援、ロボティクスによる業務プロセス構築など、幅広い業務を行っています。

【2】日本国内だけでなく、海外との業務も多い部門です。そのため、PwCグローバルネットワークと連携し、さまざまな国籍や専門性を有するメンバーでチームを組み、業務に取り組んでいます。

【3】会計だけにとどまらず、幅広い分野で活躍できるチャンスがあります。若い年次から海外業務を行ったり、高度な会計論点に接したりする機会が多く、成長するスピードが速いです。

部門インタビュー

菅野 晋作

金融 財務報告アドバイザリー部

服部 雄介

金融 財務報告アドバイザリー部

部門インタビュー動画

財務報告アドバイザリー部(FS-FRA)の業務内容や求める人物像を、同部の2人が語ります。

Playback of this video is not currently available

3:27

FS FRAの3つの魅力

01 設立以来、成長し続ける部門

2006年の設立以来、成長し続けているアドバイザリー部門です。会計、内部統制業務からスタートし、その後も時代の変化とともに新しいサービスを創出。直近の年度でも、設立以来、最高売上を更新しました。

02 幅広いサービスラインの展開

監査法人の中のアドバイザリー専門部門というのが特徴です。会計、内部統制の知識を活かし、コンサルティングやM&Aアドバイザリーのメンバーと協働するプロジェクトも多く、幅広い業務を経験できます。

03 部門独自の充実した研修

1年目からアドバイザリー業務に従事するため、入社後の法人研修を終えた後、約1カ月の部門独自の新人研修を用意しています。実際の現場に従事した後も、継続的にアドバイザリーとしてのキャリア形成をサポートします。