Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

東北復興・創生支援

2011年の東日本大震災で未曽有の被害を受けた東北は、「復興」から「創生」のステージへと移行しつつあり、日本全国の地方創生のモデルとなるような新しい東北の実現に向けて、さまざまな取り組みに挑んでいます。PwC Japanグループは震災直後から、復興のために私たちにできることを問い続けてきました。「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」専門家集団として、持てる力を結集し、多様なステークホルダーと協働しながら支援を続けていきます。

【連載】自治体とともに目指す、サステナブルなまちづくり ~第3回 宮城県女川町~

PwCは自治体と協力して、地域課題の課題に取り組んでいます。今回は、PwCコンサルティング合同会社が行った宮城県女川町における復興のメカニズムの可視化について関係者が振り返りながら、今後のまちづくりの可能性を考えました。

詳細はこちら

 

 

PwC Japanグループによる東北の「まち・ひと・しごと創生」支援

まちづくり

なんでも会計相談
福島相双復興官民合同チーム(官民合同チーム)への参画
「いわて三陸 復興のかけ橋推進事業」での経営相談

ひとづくり

福島県南相馬市で中・高生を対象にしたITプログラミング1日体験会を開催
「福島復興産業人材育成塾」への講師派遣
アントレプレナーシップの醸成に取り組む「あすびと福島」への支援

しごとづくり

経済産業省「福島求人支援チーム」への参画

これまでの復興支援の取り組み

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}