地方創生・地域再生・事業承継

地域に根差した企業の活性化は地方創生の原動力です。事業承継をはじめ、地元企業の再成長を支援します。

PwCは、数多くの地方企業を支援する中で培った事業再生・経営改革実行支援などの経験を生かし、地方企業、地域産業の再生・再成長を支援することにより、地域経済の活性化や地域社会の活力向上に向けた取り組みを支援します。また、地域内のオーナー企業の事業承継をサポートし、 スムーズに次世代に引き継ぐ“良い事業承継”の実現を支援します。

地域活性化に向けた地方企業・地域産業の再生・実行支援

高齢化の進展や若者の減少など、日本の人口減少が加速しています。特に地方における人口減少は深刻であり、人口減少社会の到来を受け入れた上で、どのように社会を再構築し、どのような経済構造にしていくかという展望を描くことが、地方社会にとって喫緊の課題となっています。

PwCは、徹底した調査・経済構造分析を行い、目指すべき産業構造の検討、域外マネーの獲得や域内循環の仕組化など、持続可能な「地域の産業構造の変革」をゴールに据え、地方企業、地域産業の再生・再編、再成長に向けた戦略立案から実行推進までを幅広く支援します。事業再生ビジネスの黎明期から業務に携わり、多くの事業再生/再編案件に関与した経験を活用しながら、実効性のある計画・アクションプランの策定、利害関係者との合意形成、モニタリング体制の構築などをサポートします。

域内の中堅・中小企業のグローバル展開支援

国内市場は、今後確実に縮小へと向かっていきます。中堅・中小企業は、取引先である大企業とともに海外展開を進める必要がありますが、人材難やノウハウの不足により、二の足を踏んでいる企業が多くあります。

PwCでは、中堅・中小企業に対する海外展開支援はもとより、必要な人材・ノウハウの提供も行っています。

事業承継

オーナー企業とは、一般的に“オーナー経営者およびその一族が株式の大半を保有し、所有と経営が一致している会社”と定義付けらます。これらオーナー企業は、オーナー経営者の能力および個性によって組織が維持されているケースが多く、準備のないままにオーナー経営者が引退すると、途端に会社が混乱に陥るリスクを孕んでいます。これを避けるためには、(1)企業理念を承継する後継者の確保・育成  (2)企業理念を理解する資本家の探索 (3)企業理念の社内での確立・浸透が必要です。これらを充たすことにより、 オーナー経営者個人の求心力によってまとまっていた会社をスムーズに次世代に引き継ぐことができます。PwCは豊富な経験と実績をもとに、こうした“良い事業承継”を強力にサポートします。

主要メンバー

佐々木 健仁

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

根岸 孝典

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

Email

中村 勝利

シニアマネージャー, PwCアドバイザリー合同会社

Email