マテリアリティアセスメント支援サービス

中長期の視点でクライアントのビジネスに大きな影響を及ぼすと考えられるリスクと機会をいち早く捉えるために

現在の社会において、企業の業績に関心を示しているのは、経営者と株主だけではありません。企業のビジネス上のリスクと機会は、さまざまなステークホルダーとの関係に大きく依存しており、その関係性はますます多様化、複雑化しています。このような状況において、企業にとっての重要なステークホルダーが誰であるか、そして彼らが企業に何を望み、何を懸念しているかについて理解することは、長期的なサステナビリティ戦略を検討する上で、企業経営者に極めて重要な知見をもたらします。

マテリアリティアセスメント(サステナビリティにおける重要課題の評価と特定)において包括的なプロセスを構築することで、ビジネスとステークホルダーにとって重要な課題にフォーカスしたサステナビリティ戦略を構築することが可能となります。また、企業がステークホルダーとの信頼を構築するべく、正確で透明性の高い情報開示の基礎の形成にも役立ちます。

AA1000ステークホルダー・エンゲージメント・スタンダード

「マテリアリティとは組織とそのステークホルダーにとって、ある課題の重要性と関連性を決めることである。重要課題(マテリアルイシュー)とは、組織とそのステークホルダーの意思決定、行動、成果に影響を与える課題である。」

グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)

「G4は、報告組織がビジネスと主要なステークホルダーにとって、重要なトピックに焦点を当てた報告をすることが必要であることを強調しています」

国際統合報告協議会(IIRC)コンサルテーションドラフト

「統合報告は、短期・中期・長期の視点で、価値を創造するための組織の能力を評価できるよう、重要課題に焦点を当てた簡潔な情報開示でなければなりません。」

PwCのサービス

社内外のステークホルダーから信頼されるマテリアルマトリックスの作成においては、重要課題を抽出しそれらの優先度を特定するための体系的なプロセスが必要となります。PwCは豊富な実績により、マテリアリティマトリックスのためのさまざまなツールとテンプレートを有しています。また、クライアントのニーズに基づき、調査や社内外でのワークショップなどを導入し、テーラーメイドのアプローチを提案します。

Step 1 ステークホルダーの関心事の整理

  • 主要なステークホルダーの特定
  • 環境・サステナビリティ課題に対する主要なステークホルダーの関心事の収集
    • 文献調査/データ分析
    • ワークショップ
  • マテリアリティマトリックス(仮説)の作成

Step 2 外部ステークホルダーの視点からの優先順位づけ

  • ステークホルダーのインパクト重要性マトリックスの作成
    • ワークショップ
  • 特定された課題に対するステークホルダーごとの重要度の決定
    • ワークショップ/インタビュー

Step 3 ビジネスの視点からの優先順位づけ

  • 特定された課題に対するビジネスへの影響の評価
    • 文献調査/データ分析
    • ワークショップ/インタビュー

PwCサステナビリティが選ばれる理由

グローバルネットワーク

サステナビリティ関連サービスにおいては、60カ国以上、700名以上の専門家から構成されるPwCのGlobal Sustainability Service Teamが連携しています。またGRI、IIRC、WBCSDなど主要機関にも常駐スタッフを派遣しています。

日本における専門知識

日本企業の抱える課題を理解した上で、クライアント企業に適切な改善策を提供します。

豊富な実績

PwCでは毎年多くのグローバル企業に対して、レポーティング支援のアドバイザリーを提供しています。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

三橋 優隆

エグゼクティブアドバイザー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

田原 英俊

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email