Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

マテリアリティアセスメント支援サービス

サステナビリティ経営におけるマテリアリティ特定の必要性

サステナビリティ戦略を立案し、ビジョンを描いたとしても、企業にとって重要な課題を特定せずに取り組むと、リソースが分散され、ビジョン達成までに時間を要するなど、サステナビリティ経営を効果的に推進することが難しくなります。

サステナビリティ経営の推進にあたっては、改めて重要課題(マテリアリティ)を特定することが重要です。

課題と PwCのソリューション

PwCのサービス 

私たちは、国際基準・ガイダンスに基づいて作成したテンプレートをもとに、競合他社のベストプラクティスを加味した業界向けの課題ユニバースへカスタマイズすることで、さまざまな情報を検討がしやすい粒度に整理します。その上で、ステークホルダーおよび貴社の視点から課題の重要性を評価し、マテリアリティを特定します。

PwC のサービス

1 課題ユニバースの整理

現在のマテリアリティをベースとし、「網羅性」「特殊性」「具体性」に留意しながら、より具体的に検討すべきサステナビリティ課題を整理します。

2 多様な視点での重要課題評価

NGOや政府の動向に注意を払うだけでなく、競合ベンチマーク調査などを実施し、企業を取り巻くさまざまなステークホルダーにとっての重要課題を評価します。さらに、企業分析や社内リーダーへのヒアリングなどを踏まえて、貴社の視点から重要課題を評価します。

3 重要テーマの見直し

1、2のステップで整理、検討した課題を、ステークホルダーにとっての重要性と企業にとっての重要性の2つの軸に沿って評価し、「解決すべき課題」および「取り組むべき課題」を特定します。

PwCサステナビリティが選ばれる理由

グローバルネットワーク

60カ国以上、700名以上のプロフェッショナルからなるグローバルサステナビリティサービスチームが案件に応じて連携し、サービスを提供します。またGRI、IIRC、WBCSDなど主要機関にも常駐スタッフを派遣しています。

日本における専門知識

日本企業特有の課題を理解した上で、クライアント企業に適切な改善策を提供します。

豊富な実績

毎年数多くのグローバル企業に対してマテリアリティアセスメント支援を提供しています。


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCサステナビリティ合同会社

Email

山﨑 英幸

ディレクター, PwCサステナビリティ合同会社

Email

屋敷 信彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

田原 英俊

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

安田 裕規

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email