食の信頼に関するアドバイザリーサービス

食品サプライチェーンのグローバル化・複雑化に伴い、日本だけでなく、グローバルレベルで食品に対する消費者の目は厳しくなってきています。そのため、原材料や生産国に関してネガティブな印象がある場合、不安視され、消費者の信頼を損ねる可能性があります。PwCあらた有限責任監査法人は、リスクマネジメントの知見・ノウハウを基に、食の信頼と誠実性を維持、高度化するためのサービスを提供します。

食品会社を取り巻く環境

食品会社は、Hazard Analysis and Critical Control Point(HACCP)導入や回収プロセスの整備、ISO22000取得など、従来から食の安全・信頼を確保・維持するための取り組みを実施しています。しかしながら、食品サプライチェーンのグローバル化・複雑化に伴い、異物混入や偽装など、食の安全・信頼を揺るがすリスクは、従来に比べ高くなっています。またソーシャルメディアの進展によって、原材料や生産国に関するネガティブな情報や一部の従業員によるモラルなき行動の画像が拡散したり、また食品の安全性に関わる説明が遅延・不十分と消費者が感じた場合、たちまち炎上・風評被害に遭うなど、結果として事業活動に影響を及ぼすようなリスクも高まっています。

食品会社は、食の安全・信頼に関する規制や規格などに対応するだけでなく、食品サプライチェーンや情報の流れを俯瞰し、どの領域にどのようなリスクが存在するのか、またそのリスクにどのような対応を講じるのか、再検討する必要があります。そのような取り組みが、消費者の信頼確保、そして企業としての成長につながります。

主なサービス

  • リスク管理態勢の高度化支援
  • フードディフェンス対策の高度化支援
  • トレーサビリティの見直し支援
  • 海外法規制への対応支援
  • 異物混入など、インシデントに対するBCP再構築/クライシス対応支援
  • 食品サプライチェーンのリスクの見える化/立入監査支援
  • リスクカルチャーの醸成支援
  • 食の安全・信頼確保にかかわる取り組み
  • 食品偽装に関わるリスク評価支援サービス
  • 開示に関わるアドバイス/第三者評価・保証

主要メンバー

宮村 和谷

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

辻 信行

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

大塚 豪

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

米山 喜章

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}