Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

LIBOR公表停止に伴うモデル高度化・検証に関するアドバイザリーサービス

LIBOR公表停止がモデルに与える影響

現在、2021年末のLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)公表停止に伴い、各国でLIBORから新たな金利指標への移行に向けた対応が行われています。LIBORは、現在でも貸出・債券・デリバティブなどさまざまな金融商品の取引において利用されており、LIBOR公表停止の影響は、金融ビジネス全般に及ぶことが確実です。

LIBORを直接参照する金融商品の時価評価モデルはもちろんのこと、関連する全てのモデルにおいて適切に対応する必要があるため、その影響は多岐にわたります。

  • 影響範囲
    • 時価評価モデル、リスク計測モデル(FRTB)、当初証拠金計算モデル、XVAモデルなど
  • 影響内容
    • 既存契約について、LIBORから代替金利指標への変更(フォールバック)に伴い、モデルの見直しが必要となる
    • リスク・フリー・レート(RFR)を参照する新規商品の出現に伴い、その対応が必要となる

モデル領域における対応の難所

LIBOR公表停止は前述のとおり、モデルの領域にも大きな影響を与えるため、さまざまな点からモデル見直しの検討が必要となります。特に、LIBOR公表停止後の標準的な取引形態に不確実性が存在する中、モデル高度化を進めなければならない点が主な難所として挙げられます。

  • 新商品への対応
    • フォールバックやRFR参照の新規商品など、幅広い商品への対応が必要となる
  • LIBORを参照するモデルの抜本的見直し
    • LIBORを参照するモデルのRFRへの移行に伴い、モデルの抜本的な見直しが必要となる
  • RFRのヒストリカルデータ補完
    • RFRはヒストリカルデータが存在しないため、代替措置の検討が必要となる

PwCが提供するサービス

時価評価やリスク管理の各種モデル構築・検証の支援経験を豊富に有するPwCのプロフェッショナルが、最新の情報にもとづき、LIBOR停止に伴うモデル高度化における効果的かつ効率的な支援を提供します。

主なサービス

  • モデル構築

支援理論面での補強やプロトタイプの作成、PoC(Proof of Concept:概念実証)の実施などにより、各種モデル構築のサポートを行います。

  • モデル導入支援

LIBOR廃止後の標準的な取引形態についてはまだ不確実性が残るため、機動的な対応が必要です。PwCは、要件定義の段階から計算結果のテストまで、各種モデル導入の幅広いサポートを行います。

  • モデル検証支援

モデルの理論面(モデルロジック)の妥当性やモデル実装の正確性など、各種モデルの検証を、モデルの限界や弱点を捉えた検証項目の設定から数値検証を含む実施まで行います。

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

石岡 秀之

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

小澤 栄作

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

黒田 滋樹

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

島田 理恵子

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email