指名(経営トップ、経営陣の人事)、後継者育成計画(サクセッションプラン)にかかわる支援

経営トップ、経営陣の人事(選任・解任、評価、候補者の抜擢・育成)は、コーポレートガバナンス改革における大きな争点の一つとして、変革の只中にあります。2018年に改訂されたコーポレートガバナンス・コードにおいても、後継者育成計画(サクセッションプラン)について、より積極的な対応が求められるようになりました。これまで、外形的にはブラックボックスに近かった経営トップや経営陣の人事について、より客観性・透明性の高い制度を構築する要請が高まっています。

こんな「悩み」をお持ちではありませんか

経営トップ、経営陣の人事制度全般
  • 客観性・透明性の高い、選任・解任、評価、抜擢・育成に関する基準・手続を検討したい
  • 選任・解任、評価、抜擢・育成の基準・手続を制度として導入したい、既存制度を見直したい
  • 指名委員会(指名諮問委員会)の設置・運営をしたい
  • コーポレートガバナンス・コードに対応した指名委員会(指名諮問委員会)を新たに設置したい
  • 指名委員会(指名諮問委員会)運営を高度化したい
後継者育成計画(サクセッションプラン)
  • 未来の企業経営を担う経営トップや経営陣候補者を抜擢・育成・登用する制度として、後継者育成計画(サクセッションプラン)の設計を検討したい
  • 新たに後継者育成計画(サクセッションプラン)を制度として導入したい、既存制度を見直したい
株主・投資家との対話の促進
  • 役員人事制度に関する効果的な開示を行いたい
  • 役員人事制度に関する効果的な投資家との対話(エンゲージメント)を行いたい

PwCあらた有限責任監査法人は、コーポレートガバナンスの視点から、経営トップ、経営陣の人事制度の設計・導入などをサポートしてきた豊富な実績があります。これらの知見と経験を生かしながら、中長期的な企業価値向上に寄与する、経営トップ、経営陣の人事制度の実現をお手伝いします。

コーポレートガバナンス強化支援チーム

コーポレートガバナンスの強化を通じた長期的な企業価値向上および投資家との対話促進を支援するため、2014年に、PwCあらた有限責任監査法人内に立ち上げられた組織です。企業に対する各種支援やコーポレートガバナンスに関する制度設計に携わっています。

PwC英国のCorporate Governance Team、およびPwC米国のCenter for Board Governanceをはじめ、海外のPwCコーポレートガバナンス支援チームと連携し、グローバルな視点からの情報発信やサービスを提供しています。

主要メンバー

小林 昭夫

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

出口 眞也

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email