新たな始まりを迎えるスポーツ産業―PwCスポーツ産業調査2020―

2021-02-15

2020年は世界中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るい、スポーツ産業も例外なく大きな打撃を受けました。人の集まりやイベントと強く結びついた感染症への構造的なリスクに加え、組織的な弱点も表面化し、根本的な変化の必要性が明らかとなりました。

スポーツの生放送から商業的価値を得ていたスポーツメディアは、COVID-19によってその力が弱まり、新たなコンテンツ形式の採用が進んでいます。また、COVID-19の感染拡大は、結果的に、eスポーツやハイブリッドスポーツのようなバーチャルエンターテイメントの成長を後押ししています。

毎年、PwCはスポーツ業界のリーダーにアンケート調査を実施し、スポーツ市場が直面する成長、主なチャンス、脅威について調査および考察をしています。2020年6月〜8月の調査をもとにした本レポートでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響、スポーツメディアを変える市場ダイナミクス、そしてeスポーツの成長の可能性について詳細に検討しています。

スポーツ産業に携わるさまざまな団体が新たな収益を確保するために試行錯誤を迫られています。今後、スポーツ産業界はどのように変わっていくべきか、PwCの知見をお届けします。

PwC Switzerland

{{filterContent.facetedTitle}}