Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

プライベート・エクイティ業界におけるESGの取り組み:コンプライアンスから価値創造へ

2021-08-06

世界経済が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大後も持続的成長を実現するには、経済価値の創造に加え、社会価値、環境価値の創造がより一層重要となることは言うまでもありません。また、地球環境・社会への課題に対応したサステイナビリティへの取り組みの重要性は、世界的な高成長を遂げているプライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)にとっても例外ではありません。

全世界の企業は、ESG(環境、社会、ガバナンス)問題を戦略的関心の末端から中心へと引き上げ、この状況に適応しようとしています。ESGを事業戦略の中心に位置付けるPEファンドは、新しい持続可能な経済において大変革の主役となり得ます。一方で、ESGを受け入れない企業は、重大な価値毀損のリスクを招くことになるでしょう。

PwCの世界プライベート・エクイティ責任投資調査は、プライベート・エクイティ業界がESGにかかる取り組みを進めており、数十年にわたって価値創造に対する戦略的、長期的、かつ行動的なアプローチを優先してきた経験から、主導的役割を果たす可能性が高いことを明らかにしています。35カ国・地域の209社が回答した2021年の調査をもとにした本レポートでは、新たなESGの成熟期にある各社の状況を解説するとともに、なぜESGが価値創造の鍵となるのか、事業の持続的成功をもたらす要因は何かを明らかにします。

プライベート・エクイティ業界における ESGの取り組み:  コンプライアンスから価値創造へ

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

名倉 英雄

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

松永 智志

パートナー, PwC税理士法人

Email

愛場 悠介

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

大西 圭介

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

嶋方 亮

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

坂野 俊哉

シニア・エグゼクティブ・アドバイザー, PwC Japan合同会社

Email