国際財務報告基準 第17号「保険契約」財務諸表の表示及び開示のひな型

2019-08-01

本資料は、国際会計基準審議会が2017年5月に公表したIFRS第17号「保険契約」(以下「IFRS第17号」)及びIFRS第9号「金融商品」(以下「IFRS第9号」)から生じたIFRS第7号「金融商品:開示」(以下「IFRS第7号」)において要求される表示及び開示を例示した資料です。

現行の基準の最新の解釈(英語版公表時点2019年2月27日)を含み、IFRS第17号及びIFRS第9号に基づく財務諸表を作成するための利用可能なアプローチの一例を示すガイダンスです。なお、本資料には、開示の要求事項を含むIFRS第17号に関するPwCの見解も明示しています。

日本では、IFRSの適用は任意です。しかし、既にIFRS第17号の適用の検討を開始している会社にとって、IFRS第17号においてどのような開示が求められるのかを理解し、IFRS第17号の開示のためにどのようなデータを社内で保持する必要があるのかを検討することは、有用な取り組みとなります。

本資料が、日本の保険会社のIFRS導入に向けた検討や準備の一助となれば幸いです。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}