IFRS(国際会計基準)第17号保険契約

IFRS第17号保険契約(IFRS第17号)は、保険契約や裁量的な有配当性を有する投資契約を発行する全ての事業体の会計処理を根本的に変更するものです。これは外部に開示される財務諸表のみならず、内部経営管理目的の報告事項にも影響するものであり、保険業界に大きな変化をもたらすと考えられています。

IFRS第17号への移行には、システム構築、社内管理体制の見直しや人材の確保などあらゆる変更が伴いますが、既存のビジネスを再評価することにより、新たな財務報告と調和する形で、事業戦略、リスク評価、業績評価、商品開発など、経営やリスク管理の在り方を見直す絶好の機会ともいえます。

IFRS(国際会計基準)第17号保険契約
PwC Japanネットワークによる総合的なソリューション

PwC Japanネットワークによる総合的なソリューション

IFRS第17号の導入にあたっては、財務や保険数理システムまたデータ機能にかかるテクノロジーロードマップを策定していく必要があります。また日本市場に特有の課題、ビジネスモデルなども考慮しなければなりません。

PwC Japanグループは、海外のPwCグローバルネットワークと連携しながら、IFRS第17号導入のための各種アドバイザリーサービスを、ワンストップで提供します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

小玉 聡

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

宇塚 公一

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

武田 泰史郎

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

古賀 弘之

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

押谷 茂典

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

斉藤 隆之

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email