公共施設等総合管理計画策定支援(アセットマネジメント)

総合管理計画策定の重要性と新地方公会計への対応

地方公共団体を取り巻く環境は、公共施設の老朽化に伴う公共施設の更新時期の集中と更新財源不足など財政上の諸問題が山積しており、その解決のためには、公共施設等総合管理計画策定(アセットマネジメント)を推進する必要があります。

また、新地方公会計の整備の促進を通じた財政の効率化・適正化の推進に資するためには、統一的な会計基準のもと作成した財務書類などを行政評価や事業別・施設別の分析など、中長期的な財政運営に活用する必要があります。

持続安定的な行政サービスを将来にわたって提供するためには、首長のリーダーシップおよび全庁的な取り組みが不可欠です。

公共施設等総合管理計画策定支援

PwC(PwCあらた有限責任監査法人)では、公共施設等総合管理計画策定に関し、地方公共団体のニーズに即したアドバイザリー業務を提供します。

  • 公共施設等総合管理計画の全庁的な理解促進のための説明会の開催
  • 固定資産台帳の整備支援
  • 固定資産データに基づく、公共施設更新費用のシミュレーション
  • 公施設等総合管理計画策定に係る支援
  • 公共料金算定支援

新地方公会計制度の移行支援および経営改革推進支援

PwC(PwCあらた有限責任監査法人)では、統一的な会計基準での財務諸表作成が必要とされる地方公共団体のニーズに即したアドバイザリー業務を提供します。また、財務シミュレーションを通じて地方公共団体の課題を特定した上で、持続的な財政運営に資する経営改革推進支援を提供します。

新地方公会計の円滑な移行に係るアドバイザリー業務

  • 固定資産台帳の整備支援
  • 財務書類などの作成に係る会計規程の整備や運用マニュアル整備支援
  • 会計システム関連の支援
  • 会計処理のための人材育成支援

経営改革推進支援

  • 財務シミュレーション
  • 論点(問題点)整理と課題に対する改革案提示
  • 経営改革プラン策定支援

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

飯室 進康

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email