Power Market Analytics‐電力市場分析を通じたフォワードカーブの提供

電力自由化が進展するとともに新市場の開設が相次ぎ、電力ビジネスにとって電力価格の将来見通しの重要性が増しています。PwCは、独自に開発したモデルによって日本の電力価格予測・フォワードカーブを提供し、電力取引にかかわる方々を支援します。

電力取引に関連するさまざまなニーズに対応

先物市場やベースロード電源市場が始まりました。今後は容量市場創設も予定され、電力取引の複雑性と流動性はますます増加する見込みです。

PwCの『Power Market Analytics』は、電力取引にかかわる事業者の皆様が直面する課題を解決するために開発されました。日々の需給管理から相対取引価格・小売電気料金・先物取引の検討、事業計画策定はもちろんのこと、発電所新設やFIP(Feed-in Premium)の検討に必要な20年以上の長期にわたる価格想定まで、幅広いニーズに対応します。

学術的に裏付けされた手法

短期的な予測については、統計学的手法や人工知能など、海外で豊富な使用実績のある手法を用いて算出します。

長期的なフォワードカーブの作成についてはファンダメンタルモデルを活用し、変化する事業環境を反映した予測値を提供します。

統計学:伝統的に予測分野で広く用いられる手法。PwCでは、過去の価格を説明変数として、将来価格を推定する時系列モデルを採用しています。

人工知能:ニューラルネットワークや機械学習などに代表される手法。計算過程がブラックボックスになるという欠点がありますが、多くの因子が影響する電力価格想定に適していると考えられます。

ファンダメンタルモデル:全国の発電所情報を集め、供給力と需要のマッチングを計算することで、30分単位の限界費用(当該時刻に稼働している、最も可変費が高い発電所のコスト)を推定する手法。

短期的な予測については、統計学的手法や人工知能など、海外で豊富な使用実績のある手法を用いて算出します。長期的なフォワードカーブの作成についてはファンダメンタルモデルを活用し、変化する事業環境を反映した予測値を提供します。

ウェブサイトを通じた情報提供

代表的なウェブブラウザを通じ、ユーザーフレンドリーなインターフェースからいつでもどこでも価格予測データを確認いただくことができます。また、CSVデータやAPIを活用し、独自の分析も可能です。

データ提供のみならず、マーケット分析レポートも定期的に配信し、電力市場を取り巻く環境の変化などについてお知らせします。

タイムリーなデータ更新

予測・フォワードカーブ生成に必要なデータは土日も含めて逐次アップデートします。

市場ルールなどの変化も可能な限り早くモデルに織り込めるよう、マーケット分析を日々実施しています。

データ項目

更新頻度

気象情報

1日2回

電力価格・需要などの電力市場ファンダメンタル実績値

1日1回

燃料・為替フォワードカーブ

週1回

燃料輸入価格実績値

月1回


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

小山 美生

マネージャー, PwCアドバイザリー合同会社

Email