あああ

BT People Transformation

組織人事・チェンジマネジメント

Introduction


急速に進むテクノロジーの革新により、人材マネジメントはパラダイムシフトを迎えています。人工知能(AI)・RPA(Robotic Process Automation)などのデジタルワークフォースの適用範囲拡大に伴い、人が担う仕事が再定義され、「アップスキリング」(デジタル時代の適応スキルの獲得)が重要な経営課題になりました。また、価値観・就労観・雇用形態の多様化により、デジタルワークフォースとヒューマンワークフォース、本業を維持するピラミッド型組織と未来を創るイノベーション型組織、左脳系の分析力と右脳系の創造力といった対照的な要素をバランスよく両立できる組織へ変わることが求められています。

PwCは、AIの進化に相対する人材の意義が問い直される「ピープル」ファーストの時代に、人が重視すべき働き方や価値といった「エクスペリエンス」を中心に未来像を描き、そこへ至る道筋をバックキャストして、最適な施策や制度、「テクノロジー」を導き出します。将来が不確実だからこそ、ビジネスとともに人が変わらなければならないという現実を可視化します。

Our Vision


私たちの強みは、ワークフォース戦略、組織制度設計から業務改革、HRテクノロジーに至るまで、PwCグローバルネットワークの1万人を超える専門家の知見と幅広いノウハウを掛け合わせ、クライアントの組織全体の変革シナリオをデザインできる総合力にあります。

ピープル主導、テクノロジー主導、データ主導の施策を組み合わせ、テクノロジーから得られるデータに加え、職場のIoT化に伴い人の動的データも得られる時代、ピープルアナリティクスのケイパビリティを高度化して施策設計や意思決定プロセスにデータを組み込みます。加えて、確立されたチェンジマネジメントメソッドの現場への展開により人のマインドセットを変え、デジタルトランスフォーメーションを成功に導きます。

Message from Leader


いま人材マネジメントの慣習は大きな転換点に差し掛かっています。まず、AIとロボティクスに代表されるデジタルワークフォースが台頭し、人が将来担う仕事は再定義されます。次に、デジタルネイティブと呼ばれるミレニアル世代が労働人口の過半を占めるようになり、求める働き方や動機づけ要因が大きく変化しています。最後に、日本でも副業や兼業が促進され、フリーランサーや個人事業主の割合が増え、雇用形態とキャリアモデルが多様化しています。

そんな変革期の組織トランスフォーメーションの成否は、人が新たな時代の要請に応えられるスキルやマインドセットをもって機敏に適応できるかどうかにかかっています。そのための支援をクライアントに提供するには、まず私たち自身がイノベーティブなカルチャーを体現する多様性の高い専門家集団でなければなりません。こうした価値観に共感し、組織と人材という切り口から、クライアントのイノベーションとトランスフォーメーションを実現することに熱意のある方のご応募をお待ちしています。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.loadingText}}