従業員関連リスク対応支援

経営課題となった労務リスク管理

ここ数年、多くの企業において人員不足や長時間労働が問題となっており、労務リスク管理の重要性が高まっています。これを受けて働き方改革関連法案やハラスメント関連法案などの整備も進んでおり、企業の労務リスクへの対応は急務となっています。加えて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、リモートワークの推進やデジタルトランスフォーメーション(DX)の流れが加速し、企業にとって従業員管理の新たな姿を確立することが、重要な経営課題となっています。

デジタル化により社員リスクの「見える化」が可能に

多くの企業がDXを進め、既存のビジネスモデルや業務プロセスの変革に取り組んでいます。あらゆる場面でデジタル化が進むことにより、従業員に関するデータも、従来の属性に関するデータに留まらず、行動に関するデータも容易に取得することができるようになります。また、クラウドシステムの普及やデータ解析技術の向上に伴い、大量データの蓄積・分析も可能となります。

これにより、今まで定量的に把握・分析することができなかった長時間労働やハラスメントといった従業員に関するリスクについても、検知・予兆を捉えて、先行した対応が可能になると考えられます。

PwCのサービス

リモートワークで活用が増しているウェブ会議システムやチャットツール、会議、メール、カレンダーといった従業員の行動に関わるデータを業務システムから抽出します。抽出時には、構造化されたデータだけではなく、構造化されていないデータも取得します。

これらの行動データに、勤怠実績といった従来の属性データを組み合わせることで、従業員にまつわるリスクを多角的に分析します。構造化・非構造化に関わらず従業員の大量データを組み合わせて分析することで、従業員のケアや労務管理に潜む不正の予兆を検知します。

また労務リスク分析に留まらず、例えば蓄積したあらゆるデータを一元的に保存・分析するデータレイクを活用することで、複数のリスクに関わる分析の一元的な見える化を図っていくとさらに効果的です。

PwCコンサルティングは、企業のリスク管理担当者が自立的かつ継続的に労務リスクを管理できるよう、対応すべきリスクの識別、データ分析の観点の定義(労務リスクシナリオ策定)、実データを用いた分析(PoC)、継続的なモニタリングを実現するダッシュボード構築、データレイクアーキテクチャ構想策定・構築をシームレスに支援します。

PwC のサービス

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

石塚 喜昭

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

齋藤 篤史

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

吉川 正章

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

若井 潔

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

市川 拡司

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

山崎 幸一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email