事業ポートフォリオマネジメント

事業のグローバル化や多角化が進み、事業ポートフォリオマネジメントの重要性が一層高まっています。企業のビジョンや経営戦略に基づく経営資源の配分にあたっては、感覚や経験に依存するのではなく、全社の財務健全性(例えばリスクアセットと経営体力(自己資本)の比較)や各事業の収益性などの指標を用いた、経営意思決定の新たなフレームワークが求められます。また事業部制やカンパニー制のように各部門単位でのキャッシュフロー管理を行う企業も増えており、経営資源配分の仕組みづくりも必要になります。

これらの視点は、個々の投資案件に対する評価にも組み込むことが重要です。加えて、投資後もPDCAのサイクルを継続的に回すためには、各案件のモニタリングを定期的に行うとともに、あらかじめ撤退する基準やプロセスを明確化しておくことが必要です。

PwCでは、クライアントの現状を踏まえ、事業ポートフォリオマネジメントや投資評価・管理プロセスの導入検討から実行・定着化までを総合的に支援します。

  • リスクアセット(最大想定損失額)の定量化、投資余力/財務健全性分析の高度化
  • リスクを考慮した事業ポートフォリオ評価、投資評価・管理基準プロセスの策定
  • M&A、戦略投資、大型プロジェクトの意思決定およびモニタリング時の評価基準、プロセス、体制の整備

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

石塚 喜昭

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

齋藤 篤史

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

吉川 正章

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

若井 潔

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

市川 拡司

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

山崎 幸一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email