ビジネスインテリジェンス

Global Intelligence Operations Center (GIOC)

新規市場への進出、戦略の再構築、他社の買収、主要人材の雇用、新規事業の検討、危機的状況への対処―経営者にとって意思決定が必要な局面は、非常に多岐にわたります。経営者はこれらの重要な意思決定にあたって、判断根拠となる情報(ビジネスインテリジェンス)を必要とします。最新かつ正確で関連性の高い情報を得ることで、経営者はより良い経営選択を行うことが可能になります。

PwCのGlobal Intelligence Operations Center (GIOC) は、何百万とあるソースから複雑な情報(インフォメーション)やデータを集約し、徹底的な分析を行い、クライアントが最高の結果を導き出すための洗練された知的情報(インテリジェンス)を提供します。

loading-player

Playback of this video is not currently available

GIOCとは?

  • 2016年10月にワシントンDCを本拠地として設立され、全世界に拠点を拡張している独自のインテリジェンス・プラットフォームであり、 複雑化するグローバル社会においてクライアントの課題解決を支援します。
  • 政治、経済、法律、規制および環境に関する情勢・リスクをリアルタイムで監視することが可能です。

なぜビジネスで、GIOCが必要とされるのか?

  • 政府首脳が重要な意思決定を行う際には、グローバル・インテリジェンスを収集し、それに依拠しています。
  • GIOCは、企業が事業戦略上の重要な意思決定を行う際、同様のインテリジェンスを提供します。

<Global Center of Excellence> Washington DC, Belfast, Mumbai, Sao Paulo, Kuala Lumpur, Dubai, +Tokyo(今回開設)

インテリジェンス・ソリューションの全体像

サービス

内容

競合他社に関するインテリジェンス

自社のビジネスの優位性を確保するために、公開情報を基に競合他社に関する調査を行います。これにより、ビジネス機会の特定やリスク認識を行うと同時に、競合他社の動きに対するより機敏な対応が可能になります。

ソーシャルメディア・インテリジェンス

ソーシャルメディア・インテリジェンスは、SNS上の動きや会話をモニターし、そこから発信されるデータなどを分析することにより、ユーザーのニーズに基づく傾向を特定することができます。

サードパーティ・デューディリジェンス

公開情報から、潜在的顧客などの第三者(法人および個人)にまつわる評判、反社会的勢力との繋がり、贈収賄などの不正リスクなどについて理解を深めます。また、分析結果と第三者から提供された情報を比較・検証することができます。

取引案件および取引先に関するインテリジェンス

M&A案件において、対象会社およびその経営陣に関する情報を収集、分析、報告します。

24時間対応モニタリング

公開情報を24時間体制でモニターし、クライアントにとって重要あるいはリスクとなる情報をリアルタイムで収集、要約および報告します。

新規進出国・地域に関するインテリジェンス

新規市場における戦略的・競争優位性を確立するため、進出に先立ち、対象国・地域における運用上規制上、地政学的、文化的リスクを事前に調査します。

ニーズに応じた特定のインテリジェンス

その他、PwCの情報集約・分析力を駆使して、クライアントの特定のニーズに合わせたカスタマイズサービスを提供します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

石塚 喜昭

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

齋藤 篤史

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

吉川 正章

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

若井 潔

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

市川 拡司

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email