PwCが考えるeスポーツビジネスとは?

PwCが考えるeスポーツビジネスとは、単にデジタル化に対応するゲーム業界のソリューションではありません。デジタル化により、プレイヤーだけでなく観客も楽しめるコンテンツをどう創出するのか、周辺のサービス・インフラなどをどう整備していくのか、そしてコミュニティをどのように形成していくのかが、eスポーツビジネスの発展の鍵になります。そのためには、まずeスポーツビジネスのエコシステム(図1)を理解することが不可欠です。

PwCコンサルティングはクライアント企業の強みや今後の展望を把握した上で、各企業に最適な形でエコシステムに参入するシナリオを提案します。例えば、配信メディアとしてeスポーツ市場に参入を検討する場合には、視聴者ごとにカスタマイズされた広告が表示される仕組みを開発し、収益構造(図2)をクライアント企業とともに構築していきます。クライアント企業の自社アセットを活用しながら、eスポーツビジネスへ参入する機会と収益構造の構想をサポートします。

PwCコンサルティングには、戦略の策定から実行支援に至るまでをカバーする3つのeスポーツビジネスソリューション(図3)があります。さまざまな立場のステークホルダーにサービスを提供することで、PwCコンサルティングはeスポーツビジネスをクライアントと創出するとともに、エコシステム自体の発展に貢献していきます。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

桂 憲司

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

豊國 成康

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email