コーポレートブランディング

VUCA※1時代と言われるダイナミックで変化の激しい環境下、グローバル市場では新興国発企業の急激な成長や異業種からの新規参入、業種や地域を超えたM&Aなどが活発化しています。日本企業は、従来のような高品質・高機能の製品/サービスを市場に提供していくことに重点を置くだけでは、さらなる成長が困難な状況に直面しています。このような背景のもと、中長期にわたる顧客リレーションや市場でのポジショニング構築に向け、「コーポレートブランディング」の重要性が高まっています。

企業の存在や魅力の根幹となる「ブランド」を改めて見直し、そのメッセージの表現・発信と、それを体現する組織への変革は、

  • 共通の指針・価値観を有することによる、海外拠点含む従業員の一体感の構築
  • 企業そのものの「らしさ」や魅力に対する市場や顧客からの理解・共感の醸成

につながり、結果として、企業の中長期的な成長を支える土台となります。

※1 Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の頭文字を取って作られた造語

PwCのアプローチ

日本において、「ブランディング」はクリエイティブ視点からの魅力的な表現開発に重点が置かれがちです。PwCコンサルティングは、「ブランド」を戦略実現に向けて組織を動かす「ドライバー」と捉え、企業の中長期事業戦略、企業理念、歴史や企業文化、市場の競争環境、顧客動向やインサイトといった幅広い視点から「ブランディング」を支援します。

顧客や市場、企業や従業員に対するさまざまな調査や討議に基づき、コーポレートブランディングや企業変革の軸となる「ブランドプロミス(ブランドの核となるメッセージ)」の開発や「ブランドアーキテクチャー(グループ経営におけるブランドの持ち方)」の設計など、ブランド戦略立案を支援します。また、その戦略実現に向けた具体的なテーマとして、効果的なブランドコミュニケーション戦略の立案・開発だけでなく、ブランド展開のけん引役となる従業員の理解を促進、ブランドの体現に向けた組織・オペレーション変革の設計など、さまざまなテーマを通じて、企業の中長期的な事業戦略と一体となった「ブランド」の構築を支援します。

 

サービスメニュー

  • コーポレート/ビジネスブランドの再設計
  • グループ・ブランド・アーキテクチャーの再設計
  • 新会社設立に伴う社名・ロゴ開発
  • 経営理念(ミッション・ビジョン・価値観など)の開発
  • ブランドを体現する組織再編に向けたインターナルエンゲージメント
  • デジタルを活用したコーポレートコミュニケーション
  • 新卒学生採用に向けたブランディング
  • 新規事業立ち上げに伴うブランド貢献/毀損リスク評価
  • ブランドガバナンス設計

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

武藤 隆是

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

金澤 吉典

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email