Workdayグローバル導入支援

クラウド型ERPパッケージの活用で日本企業の経営基盤を革新

めまぐるしく変化する市場、環境、規制に対応していくため、多くの企業が経営基盤の変革に取り組んでいます。求められているものは、変化に柔軟かつ迅速に対応できる組織・プロセス、いつでもどこからでも必要な情報にアクセスできる仕組み、多様かつ大量のデータから得られる未来を先取る知見、エンドユーザーが容易に操作可能な満足度の高いシステム基盤です。

グローバル先進企業は、日々進化するデジタル技術を活用しこれらの課題に取り組んでおり、企業内情報システム構築で導入が進んでいるのが、クラウド型ERPパッケージです。経営資源の一元管理、各国の言語・規制などへの対応、アクセスの容易性という従来のERPパッケージの利点に加え、システム構築のスピードや開発・保守コストの低さ、ユーザービリティの高さ、自動アップグレードによる最新テクノロジーの活用などの特長を兼ね備えています。

これにより、企業は経営判断に必要な情報を迅速かつに容易に入手できる基盤を構築し、グローバルマーケットでの地位を獲得するためのインサイトの抽出・分析に時間をかけることができるようになります。このようなビジネスとともに成長可能で適用性に富んだツールの選択が、変化への対応力に優れた経営基盤確立の成功要因の一つです。

グローバル企業の会計・人事基幹業務を支えるワークデイ社との協業

ワークデイ社は、米国ピープルソフト社の創業者が2005年に設立した会計・人事を中心としたクラウド専業のソフトウェアベンダーです。ビジュアル化を進めることで実現した優れたユーザーインターフェイスや、先進企業の業務を基盤にした多様な標準機能を兼ね備えており、グローバル企業での運用に適した会計・人事の統合アプリケーションスイートを提供しています。

同社の製品Workdayは日本企業のさらなるグローバル展開を促進するだけでなく、会計・人事の統合アプリケーションスイートから、多角的なインサイトを導き出す基盤を構築します。これにより、企業は経営資源の可視化や意思決定スピードの短縮化を実現し、グローバル市場における競争力の向上が期待できます。

当社は、会計・人事それぞれの業務知識に加え、Workday製品知識に関しても統合的に支援できる体制があります。これまでの多くの国内大手企業への会計・人事システム構築から蓄積したノウハウと、Workday導入実績を有するPwCのグローバルネットワークを生かし、日本発のグローバルシステム構築を強力に推進します。

Workdayグローバル導入支援のサービス内容

Workdayの導入方法論を組み込んだPwCのTransform(PwCの導入方法論)に基づき、経営基盤革新に取り組むグローバル企業に対し組織・制度・プロセスの変革とあわせた会計・人事などのシステム導入・チェンジマネジメントコンサルティングを提供します。

PwCのTransform

PwCのTransform

Workdayグローバル導入支援室

Workdayグローバル導入支援室は、Workdayの導入、トレーニング、セールスなどを専門的に行うことを目的に、2013年に立ち上がりました。
PwCのグローバルネットワークとの連携、ワークデイ社との協力体制を敷き、会計・人事それぞれの認定資格を取得しているプロフェッショナルがグローバルシステム構築を支援しています。
現在、会計・人事システム導入経験者、グローバルプロジェクト経験者を中心に継続して体制を強化しており、2020年度までに100名体制にまで増強する予定です。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

森井 茂夫

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email