【延期】CVCによるスタートアップ投資のマーケット動向とオープンイノベーション促進税制の活用セミナー(東京)

2020-03-06

開催終了しました

令和2年度税制改正では、アベノミクスの成果により増加してきた現預金などを活用して、イノベーションの担い手となるスタートアップへの新たな資金の供給を促進し経済成長につなげていくための施策の一つとして、「オープンイノベーション促進税制」が創設される予定です。進行する第4次産業革命の可能性を最大限引き出すためには、既存企業が人材・技術・資本の閉鎖的な自前主義、囲い込み型の組織運営を脱し、開放型、連携型の組織運営に移行する必要があることから、本税制では、既存企業の有するリソースを最大限活用したオープンイノベーションの促進とユニコーン級ベンチャーの育成を図り、第4次産業革命における我が国企業の国際競争力を強化すべく、大企業などによる一定の要件を満たしたベンチャー投資に対して、税制上の支援措置(所得控除)を与えようとするものです。

本セミナーでは、昨今我が国でも設立が活発化しているCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)や国内事業会社によるスタートアップ投資に関するマーケットの最新動向や課題についてPwCアドバイザリー合同会社のスタートアップディールアドバイザリーリーダーより解説をさせていただくとともに、このような投資に活用されることが期待されるオープンイノベーション促進税制の制度詳細や適用上の留意点についてPwC税理士法人M&Aタックスグループのパートナーより解説をさせていただきます。なお、本セミナーでは、経済産業省の担当官を特別にお招きし、本税制の適用に係る手続面についての解説もいただく予定となっておりますので、本年4月1日からの適用に向けて、より具体的かつ有用な最新情報をご提供できるものと考えております。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Contact us