Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディアアウトルック2020-2024」を発表

本調査について

今年で21回目を迎えるPwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2020‐2024」[English]は、14のエンタテイメント&メディア業界に関連するセグメントを対象に今後5年間の広告や消費者の支出に関する動向を53の国と地域についてグローバル分析した包括的なデータソースです。

詳細はこちら

本調査のセグメントについて

書籍、B2B、映画、データ消費、インターネットアクセス、インターネット広告、音楽・ラジオ・ポッドキャスト、新聞・雑誌、OTTビデオ、屋外広告、従来のテレビやホームビデオ、テレビ広告、ビデオゲーム・eスポーツ、バーチャルリアリティ。

本調査のデータについて

本レポートは、「グローバル エンタテイメント&メディアアウトルック2020-2024」のデータをもとに作成されています。PwCは「グローバル エンタテイメント&メディアアウトルック2020-2024」のオンライン上のデータの更新に努めています。そのため、本ニュースリリースに記載のデータがオンライン上のデータと相違する可能性があることをご了承ください。「グローバル エンタテイメント&メディアアウトルック2020-2024」は消費者支出と広告収入に関する最新のデータを記載しています。

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに276,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}