Workforce of the future 2030「働き方改革の未来予想」

2030年の働き方について、複数シナリオによる未来予測と日本の労働者意識との乖離が鮮明に

本報告書に述べる予測は、PwCと英国オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールのジェームス・マーチン科学文明研究所からなるチームが2007年に開始した調査をベースに、その後、中国、インド、ドイツ、英国、米国の10,000人を対象とした特別委託調査に基づいています。

この日本版発刊においては、PwCコンサルティング合同会社の調査チームにより、20歳~60歳までの日本の労働者6,000人を対象にアンケート調査(有効回答数3,124人)を実施し、日本における「働き方改革」の取り組み状況を分析し、日本における将来の労働生活への洞察を付け加えました。

本報告書は、2030年の「4つの世界」について、その可能性のあるシナリオを検討し、未来に向けた最善策について探求をしています。皆様の「働き方改革」の未来予測となり、今後の議論の出発点となれば幸いです。

関連情報

Follow us