Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

2014年Risk in Review調査:あなたの会社のリスク対応を再評価しましょう‐

2014-08-21

今回で3回目となるPwCの年次リスク調査は、現在のビジネス環境においてリスクの詳細を把握するため、37カ国にわたる1,940名の経営者(役員会メンバー、マネジメント、内部監査部門長など)に調査した結果をとりまとめたものです。

本調査では経営者に対して今日の複雑なリスク環境における懸念について以下を含めたさまざまな質問を実施しました。

  • 変化の内部要因と外部要因のうち、今後18カ月にわたって最も大きな影響を与えることが予想されるものはどれですか?
  • 課題に対処するためにリスク戦略をどのように見直しているところですか?
  • リスクマネジメント戦略に影響を与える可能性がある能力ギャップは何ですか?また、そのような能力ギャップを埋めるために実施していることは何ですか?

調査回答者はリスクマネジメント施策を改善するために進歩していることに自信を持っていて、前年よりも自社のリスクマネジメント能力のレベルに満足している一方で、調査結果を見るとリスクマネジメントの改善は企業としての最優先事項であることが分ります。

また、本報告書では過半数の経営者が企業に劇的なインパクトを与える3つの領域として以下を挙げていますが、これらの変化に対処し、リスクマネジメント上の能力ギャップを埋めるために企業はどのように変革に取り組んでいるかについてまとめています。

  1. テクノロジーの変化とITリスク
  2. 顧客ニーズの急速な変化
  3. 増大する規制の複雑性
2014年Risk in Review調査:あなたの会社のリスク対応を再評価しましょう‐

関連情報