新型コロナウイルス感染症が消費財・小売・流通業界に及ぼす影響と課題、インパクトへの対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が小売・流通業界に及ぼす影響と課題、対応策について、まとめたレポートを用意いたしましたので、ダウンロードしてご覧ください。

小売業界におけるCOVID-19のビジネスインパクトへの対応

本レポートでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による商品カテゴリーと販売チャネルに応じた事業への影響を分析と見通しを示し、今回の危機を機会へと転換すべき4つの領域、具体的には、「サプライチェーンとカテゴリー管理のバランスの見直し」、「オンラインでのプレゼンスの向上」、「適正な組織の確立」、「将来への備え」における方策を短期、中期、長期で提示しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が消費者市場に与える影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染の広まりは、消費者市場にこれまでにない大きな変化をもたらしました。消費者市場の企業は、買い物客を安心させるため、バリューチェーン全体で透明性と可視化に努める必要があります。また、買い物客の習慣の変化に合わせた品揃え、店内の業務、サプライチェーン全体のあり方を見直す必要があります。

本レポートでは、消費者市場の企業が今から準備すべき6つの重点分野として、「店舗の運営」、「サプライチェーン」、「エンゲージメント」、「商品」、「労働力」、「サードパーティ」の切り口で対応策を提示しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の経済的影響を乗り切る:小売/消費財企業が危機をチャンスに変えるには?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を受け、ここ数カ月、多くの消費者や小売/消費財企業が予期せぬ事態に陥っています。従来のビジネスモデルが行き詰まり、置き換えられる一方、他の小売/消費財企業、特にオンライン販売で強い企業は、需要と消費パターンの根本的な変化による新しいチャンスに注目しています。公共衛生上の危機がもたらした課題の数々により、小売企業は、営業環境を見直し、速やかにコスト抑制と新しい収益源の確保に向けて動いています。本レポートでは、小売/消費財企業が危機をチャンスに変えるソリューションのいくつかを検討しています。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

小山 徹

パートナー, PwC Japan合同会社

Email

田所 健

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

山田 祐介

パートナー, PwC税理士法人

Email

スティーヴン ヴェレトフゥン

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

小林 保之

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

矢矧 晴彦

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email