グローバル情報セキュリティ調査2018

世界の経営層を対象に、企業の情報セキュリティに関する諸問題や対策状況、投資動向などを調査、分析しています。

グローバルのビジネスリーダーたちは、どのようにしてサイバーセキュリティとプライバシーのリスク管理を向上させているのでしょう。「グローバル情報セキュリティ調査2018」は、122カ国、75業種以上、9,500人のCIOおよびCSOを含むエグゼクティブから回答を得た、情報セキュリティや最新のサイバーセキュリティに関する世界規模のオンライン調査です。本調査の調査結果には、世界中の企業に対する貴重な示唆が含まれています。

PwCでは、この調査結果を踏まえたレポートを取りまとめ、二回にわたってお届けします。

第一弾のレポートでは、企業がサイバーショックに対して脆弱である理由と、組織が事業を維持し、経済的パフォーマンスを向上させるレジリエンス(想定外のリスクや環境変化に柔軟に対応する力)を構築するための、リーダーによる取り組みを検証します。

第二弾のレポートでは、ビジネスリーダーが、こう着しつつあるリスク管理の取り組みを行動に移すことによってデータのプライバシーと信頼を再活性化する必要性について、焦点をあてています。

Contact us

Follow us