IFRS第17号の適用 IFRS第17号の世界における調整後営業利益‐確信をもってストーリーを伝えるために‐

2020-01-22

AOP(調整後営業利益)は自社の成長シナリオを市場によりよく説明するための重要な業績評価指標(KPI)です。IFRS第17号においては、IFRS利益をAOPに調整するために必要なメカニズムの確立は、現在のIFRS第4号よりも複雑になると予想されています。特に利益発生のタイミングと推移の変化への対処において一層複雑になるでしょう。

IFRS第17号の適用後も、信頼性が高く比較可能なAOPを作成するためには、モデル、データ、システム、プロセスへの投資が必要となる可能性もあります。しかし、多くの会社ではこうした課題への対応が後手に回っています。

本レポートはAOPをテーマに取り上げ、IFRS第17号適用に向けた準備において必要になる検討事項を紹介します。利益からAOPまでの調整について、現在のIFRS第4号と、IFRS第17号の相違点について概観した上で、新しいIFRS第17号の利益測定に対して必要となりうる追加または新規の調整のメリットとデメリットを解説します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}