未来の働き方‐2022年までの変遷と展望

2014-10-23

新しいテクノロジーがわれわれの働き方に計り知れないほど大きな影響を与えています。実際、異なる世代が同じ職場で働く中で、労働力の多様化と就労の長期化が進んでいます。従来のキャリアモデルはもうすぐ過去のものとなり、未来の職務や役職の多くは私たちがこれまで考えたこともないものになるかもしれません。どうすれば新しい時代の人材を惹きつけ、定着させ、動機付けできるでしょうか?その結果、人事はどう変わるのでしょうか?

本調査はPwCとオックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールのジェームス・マーチン科学文明研究所との共同調査に基づいています。本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな変化によって形成されることになりそうな3つのワールド・オブ・ワークのシナリオについて紹介し、未来の組織がどのように運営されるのかを検討する際の視点を提供します。

関連情報

Contact us

Follow us