Skip to content Skip to footer

Loading Results

プシェムィシルからプレミアへ:ポーランドにおけるグローバルブランドの成長

Zbigniew Inglot氏

Inglot オーナー・監督委員会委員長/ポーランド/化粧品製造・小売業

ポーランド南部の町からブロードウェーのスポットライトやファッションウィークのキャットウォークまでは遠い道のりです。しかし、あるファミリービジネス企業は、その距離を乗り越えただけでなく、スタイリッシュにやってのけました。

Inglot Cosmeticsは33年前に、姉であるElżbieta氏の助力を受けたWojciech Inglot氏によって創業されました。後に2番目の弟、Zbigniew氏が事業に加わりました。

同社は、美しさのサイエンスの最先端を行っており、化学、物理および色素沈着に関する豊富な知識を活用して、幅広い濃淡や色合いのカラーコスメを製造しています。これらのコスメはファッション業界やエンターテインメント業界で愛用されています。アイメイク、リップ、フェイス、ネイルなど1,500色以上のバリエーションが存在します。同社独自の「フリーダムシステム」により、顧客は自分だけのカラーパレットを選ぶことができます。

最近では、映画のセットやテレビのスタジオ、ブロードウェーの楽屋など、ショービジネスのあらゆる場面で同社を目にします。しかし同社は、そのルーツから決して離れることはしません。現在でもプシェムィシルに拠点を置くことに誇りを持っています。ニューヨークのタイムズスクエアに巨大な看板を掲げていても、実際の経営はポーランドの本社で行われています。

Zbigniew氏は次のように語っています。

「私たちはこの場所に属しています。この地での大きな雇用主でもあります。これは大きな責任です。また、当社はここで化粧品を製造することを約束しています。製品の95%が自社工場で製造されたものです。」

プシェムィシルにおける次の大きなステップは、研究開発施設を拡大することです。ルーツに忠実であろうとする同社は、新製品の科学的な開発に多額の資金を投じており、その多くは大学との共同研究となっています。通気性のある最先端のO2Mマニキュアは、Wojciech Inglot氏によって開発され、AGH科学技術大学と協力してテストが行われました。特に健康面での理由から開発された、通気性のある革命的なフォーミュラは、すぐに世界的な成功を博しただけでなく、中東での高い収益性が見込める高級モールへの大きな足掛かりにもなりました。

Zbigniew Inglot氏 Inglot オーナー・監督委員会委員長

Zbigniew Inglot氏 Inglot オーナー・監督委員会委員長

現在、第2世代が経営陣に加わり始めていますが、チーム内の役割は引き続き明確に定義されています。Elżbieta氏は経営と新製品開発に重点を置いています。また、2013年にWojciech氏が急死した後は、Zbigniew氏がその後を継ぎ、戦略、投資、海外ビジネスの拡大を担当するようになりました。2006年にカナダで最初の店舗をオープンして以来、同社は約80カ国でInglotの店舗を設立、直販またはフランチャイズしてきました。これには、世界で最もファッショナブルなロケーションの650のブティックも含まれます。また、米国のMacy’sや南アフリカのEdgars、チリ、ペルー、コロンビアのFalabellaといったデパートにも出店しています。現在は、世界各地で1週間に2軒のペースで新店舗をオープンさせています。

「もっと早く拡大することも可能ですが、失敗は許されません。新店舗を成功させるには熟考が必要です。当社は、実際に内装や家具を自分たちで製造し、プシェムィシルの従業員が出向いて設置しています。」

Eコマースはまだ展開が不十分ですが、準備は整いつつあります。

「当初、特にポーランドでは大きな小売網を持っていたので、オンライン販売は不要だと考えていました。しかし、それは間違いでした。今はその遅れを取り戻そうとしています。幸運なことに、化粧品はオンラインでも非常に活発なカテゴリーであり、商品が小さく配送しやすいという利点もあります。」

実際、PwCの2016年のトータルリテール調査によると、化粧品の購入者の65%が過去12カ月間に少なくとも一部をオンラインで購入しているという結果が出ています。

では、将来はどのようになっていくでしょうか?

「製品のラインナップに関しては、私たちが『ホワイトコスメティクス』と呼んでいるフェイスクリームやローションへの参入を考えています。これは、当社にとってすばらしいカテゴリーとなるでしょう。ブランドに関しては、世界で最も有名なポーランドの小売ブランドとなるのが私の夢です。」

ある美容関係のウェブサイトでは、同社について「化粧好きにとって究極の夢のブランド」と書かれていました。

Contact us

小林 和也

小林 和也
PwC税理士法人
パートナー
Profile

越田 勝

越田 勝
PwCあらた有限責任監査法人
パートナー
Profile


 

高田 佳和

高田 佳和
PwC京都監査法人
パートナー