経済犯罪実態調査 2018(グローバル翻訳版)「盲点」に潜む不正を探り出す

2018-05-31

過去2年間における会計不正、贈収賄、サイバー犯罪などのさまざまな経済犯罪や不正被害に関して、PwCは2年に一度、世界的な実態調査を実施しています。第9回となる今回は、過去最多となる123カ国、7,228件の回答を得ました。本レポートでは調査の分析結果を踏まえ、「盲点」に潜む不正に焦点を当てながら、組織として不正を効果的に防止・検知するためにどうすべきかについて論じています。

関連情報