【自動車産業における新型ウイルス対応】課題の克服および長期的発展の展望 ~Facing current uncertainty and embracing the future~

2020-03-06

自動車産業は今般の新型コロナウイルス感染症流行を受け大きな困難に直面しており、特に消費者需要への影響は深刻で、マーケティング、事業運営、供給などの各面で課題が山積となっています。多くの自動車メーカー、ディーラーおよび部品サプライヤーは既に各種の対応措置を採り、ダメージを最小限に抑える取り組みを進めています。同時に新型コロナウイルス感染症流行により自動車産業に関わる多くの企業は業界の中長期的発展の再評価と見直しを行っており、産業変革の推進を加速化させています。

今回、PwC中国の自動車業界チームは短期的課題、対応措置の重点および長期的発展の判断という3点から分析を行い専門家としての見解を皆様に共有します。自動車産業関係者の皆様に有益な情報となれば幸いです。

要点

  1. 短期的消費ニーズの不振、完成車メーカーの生産および部品供給の短期的停滞、自動車産業における川上・川下企業の資金繰りの悪化、対面営業活動の暫定的停止が進行している。
  2. 初めて自動車購入を検討する消費者の囲い込み、オンラインマーケティングおよびデジタル化管理の推進、流行期におけるディーラー支援および管理の強化とイノベーション型アフターセールスの実現、サプライヤーリスク管理体制の構築およびサプライチェーンリスク管理の徹底が求められる。
  3. イノベーション推進による健全な自動車エコシステムの創出、従来の考え方にとらわれない自動車利用シーンの拡大、データ活用能力の向上やラストワンマイルの改善、無人運転技術研究開発の加速に取り組む必要がある。 

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

大竹 伸明

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

松島 栄一

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

佐々木 英康

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email