Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

Communications Review Vol18 No2: Continuing to evolve

2014-02-19

情報革命が継続するにつれ、マーケット間や会社間で変化のスピードに違いが生じてきています。通信業者は、出遅れている新たな領域への投資で競争優位性を確保していく必要があります。今号では、以下のトピックに関して考察しています。

モバイル・ユニファイド・コミュニケーションの商機
ワークスタイルの多様化が進む中、企業内のコミュニケーション、コラボレーションの手段を、シームレスに統合する要求が高まっています。これを新たな収益源確保の重要な機会と捉え、競合他社に対する優位性を確保するためのアクションが必要となっています。

サイバーセキュリティリスクへの対応
通信事業者に対するサイバー攻撃は、電話やインターネットの利用者に影響を与えるだけではなく、企業や政府の活動に混乱をもたらします。本稿では、PwCが全世界の456社の通信事業者を対象に行った情報セキュリティサーベイの結果を基に、サイバーセキュリティに関わる各社の対応を紹介します。

帯域幅の節約や再利用
帯域幅が貴重な資源であることはいうまでもなく、その利用にあたっては、革新的な管理が必要です。この課題への対応は、通信事業者にとって、現在のビジネスモデルに対する改善の範疇を超え、事業の継続性に関わる課題です。

クラウド時代の事業機会
クラウド利用の一般化に備え、情報通信業者は、新しいビジネスモデルを確立する必要があります。End-to-Endのクラウドサービスの提供により、情報通信業者は、中小規模の企業に対しても、差別化した優位性のあるサービスを提供することができます。

※資料ダウンロードフォームからのダウンロードをお願いします。