世界の自動車業界 2019年第2四半期のM&Aに関するインサイト

2019-10-16

2019年第2四半期のM&Aは、取引金額ベースで80億米ドルとなり、大型案件の不在とM&A活動の継続的な軟調傾向により、同年第1四半期比で51%低下しました。同年第2四半期の取引件数は、過去4年間で最低の182件で、2018年第2四半期比28%減、2019年第1四半期比18%減となりました。金額および件数ベースでは減少したものの、2019年年初から直近までの大型案件を除く案件の平均公表金額は1億3,600万米ドルと、前年同期と同水準でした。業界が景気循環の調整局面にあるなか、各社はM&A戦略の評価を行い、景気の悪化に備えて自社のポジショニングをより厳密に見極めようとしています。とはいえ、変化の時代において競争力を維持し続ける必要性は常に存在します。今後の複数の四半期にわたってある程度の変化を想定すべきです。

※当該和訳は、英文「Global automotive deals insights: Q2 2019[PDF 484KB]」を翻訳したものです。
翻訳には正確を期しておりますが、英語版と解釈の相違がある場合は、英語版に依拠してください。

世界の自動車業界 2019年第2四半期のM&Aに関するインサイト

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}