未来における信頼のあり方 ~監査における人間と機械の協働~

2018-03-27

監査は今、ゲームチェンジの時を迎えています。時代とともに変わる投資家やステークホルダーの期待に応え、信頼を得続けるために、より意味のある洞察を提供する監査が求められるようになっています。
テクノロジーの進化によって、監査人はこれに応えることができます。これまでも、テクノロジーの活用を通じて監査品質の向上が図られてきており、自動化によって監査作業はより速く、より賢くなり、その一方で誤謬を犯すリスクは減少しています。また近い将来、ドローンの活用も監査の生産性の向上に貢献することになるでしょう。さらに、人工知能(AI)、自然言語処理、バーチャルリアリティー(VR)といった先進的なテクノロジーが、監査のあり方を変えるとともに、その可能性を広げようとしています。

本レポートでは、監査人が現在、監査のさらなる自動化に向けてどのような実験を行っているのかを説明するとともに、これからの数年間において、新しいテクノロジーが監査をどのように進化させていくのかを予想します。そして最後に、未来の監査において人間の果たす役割について考えます。
ぜひご一読ください。

関連情報

Contact us

Follow us