監査の変革 どのようにAIが会計監査を変えるのか

2018-04-10

監査にAI(人工知能)技術を応用するにあたり、監査業務の変革という観点から重要となる要素は、機械学習、自然言語処理、監査プロセスの自動処理です。これらの技術は、多くの作業を自動化し、意思決定を支援することで監査のあらゆる分野で大幅な業務改善に役立つことが期待されています。ただし、AIは課題を解決するためのツールであり、課題を定義することはできません。よって、このような技術を適用するためには、監査の課題を特定することが重要です。

本稿では、現代の監査が抱える課題を明確にし、AIを監査に適用した場合の具体例を検討した上で、監査人および被監査会社へ与える影響、将来の監査人の役割について考察しています。

Contact us

Follow us