2020年度税制改正オープンイノベーション促進税制の仕組みと活用のポイント

2020-03-31

組織再編・M&Aニュース - Issue 122
2020年3月31日

 

2020年度(令和2年度)税制改正において導入されるオープンイノベーション促進税制は、ベンチャー企業に対する一定規模の出資について税制優遇を行うことで、事業会社とベンチャー企業との連携を促し、人材・技術・情報といったリソースのシェアや協業を通じた新たな付加価値を生み出すことを目指すものであり、ベンチャー企業株式の取得価額の25%の所得控除を認める大胆な税制となっています。

本ニュースレターでは、本税制の概要と、その活用における留意点やポイントについて解説します。

  1. オープンイノベーション促進税制の概要
  2. 経済産業大臣による証明
  3. 活用が期待される場面
  4. その他の留意事項

(全文はPDFをご参照ください。)

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Contact us