Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ドローン第一人者・東大名誉教授の鈴木氏と元三菱重工執行役員フェローの宮川顧問が語るドローンの未来 空飛ぶクルマ発展の命運握る各業界の折り合いとドローン産業の展望(前編)

ドローン産業は空飛ぶクルマなどの開発をはじめ活用の議論が熱を帯び、より広い産業、多くの層から注目されています。最新動向や産業利用拡大に向けた課題などについて、ドローン研究の第一人者で東京大学名誉教授・未来ビジョン研究センター特任教授の鈴木 真二氏と、小型ジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)」の開発に携わった航空機開発に詳しいPwCコンサルティング合同会社 顧問(Aerospace&Defense 担当)の宮川 淳一が対談しました。モデレーターはドローンや空飛ぶクルマ関連の業務・技術支援に携わるPwCコンサルティング合同会社 ディレクターの岩花 修平が務めます。

今後のドローンの未来を切り開くのは、航空機業界以外の分野から参入したスタートアップ企業などの次世代リーダーである可能性を示し、従来の航空機産業を築き上げてきた先人たちとどう協力関係を築くべきか方向性について話し合いました。(文中敬称略)

(左から)宮川 淳一、鈴木 真二氏、岩花 修平

対談者

鈴木 真二氏(写真中央)
東京大学名誉教授・未来ビジョン研究センター特任教授

PwCコンサルティング合同会社 顧問(Aerospace&Defense 担当)、
元三菱重工執行役員フェロー 技師長
宮川 淳一(写真左)
PwCコンサルティング合同会社
ディレクター 岩花 修平(写真右)

※法人名、役職、インタビューの内容などは掲載当時のものです。

{{filterContent.facetedTitle}}