Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

M&A戦略の再構築

リーマンショック以降、日本企業の現預金の保有残高は大きく増加し、M&A市場を活性化してきました。株価下落に伴い企業価値が見直される中、コロナショックをチャンスに変えるM&A戦略の再構築が求められます。

※1 レコフM&Aデータベースに基づきPwCあらた有限責任監査法人が集計

※2 Bloomberg「日本企業の手元現金が過去最高‐大半の国のGDP上回る506兆円超」(調査対象:上場企業)
  2012年度末は2013年3月31日現在、2019年度末は2019年9月3日現在で直近の財務報告数値。

 

市場動向と企業行動への影響は?

市場動向

大企業を中心とした手厚い内部留保により、コロナショック下における資金の流動性はリーマンショック後に比べると高い状態が保たれています。

このため、M&A市場においてはコロナウイルス感染症に伴うヒトの移動制限や、外国投資家のインバウンド投資に対する各国の規制の影響は考慮しつつも、国内外で有益なディールの探求が続くと予想されます。

検討ポイント

  • 有益なディールの探求

バリュー・クリエーション

これからのディールは、リスクを見極めるデューデリジェンス型からディールの先も見据えたバリュー・クリエーション型へのアプローチシフトが必要になります。企業は、価値創造プロセスを推進する4つのアクションについてディール成立前から深く考察・検討することにより、潜在的な事業・企業価値の向上へと導いていくことが求められます。

バリュー・クリエーション実現に向けた4つのアクションと財務・会計的取り組み

  1. エントリー価値の最適化・・・会計デューデリジェンス、クロージング勘定、企業結合会計
  2. 資金調達・事業価値・・・・・ファイナンス機能のサポート、ファイナンシング、事業分離・取得
  3. 財務指標の改善・・・・・・・財務諸表の最適化、GAAPコンバージョン、買収後の再編会計
  4. エグジット価値の最適化・・・信頼性の高いカーブアウト財務諸表、外部売却・IPO

検討ポイント

  • ディールの先の価値創造
  • 注力すべき4つのアクション

主要メンバー

顧 威(ウェイ クウ)

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

坂元 新太郎

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

木村 繁

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email

「新型コロナウイルス感染症に係るCFOの検討事項シリーズ」をダウンロードできます

過去のリーマンショックなどの外部データや事例に基づき、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による危機に立ち向かうためにCFOが検討すべき事項やヒントとなるような情報を、シリーズでお届けします。

ダウンロード[PDF 996KB]

{{filterContent.facetedTitle}}