名和 利男 (Toshio Nawa)

PwCサイバーサービス合同会社 最高技術顧問

名和 利男 (Toshio Nawa)

専門分野・担当業界

CSIRT構築および運用支援
サイバー演習(企画-立案-準備-実施-まとめ、およびシナリオ作成)
サイバー脅威インテリジェンス
サイバー攻撃対処(現場で行う緊急時のインシデントレスポンス)
デジタル・フォレンジック(コンピュータおよびネットワーク・フォレンジック)

略歴

航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮 システムなどのセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。 その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャ、JPCERTコーディネーションセンター 早期警戒グループのリーダーを経て、株式会社サイバーディフェンス研究所に参加。 専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を生かして、CSIRT(Computer Security Incident Response Team) 構築、サイバー演習(机上演習、機能演習など)、および新しい領域のフォレンジックの国内第一人者として、支援サービスを提供している。 外部コンサルタントとしてPwCサイバーサービス合同会社の最高技術顧問を務める。

委員など

  • 特定非営利活動法人デジタル・フォレンジック研究会 理事
  • 社団法人日本生活問題研究所 サイバーセキュリティ支援専門部会 専門研究員
  • 警察庁情報通信局と日本生活問題研究所による「サイバーセキュリティ支援専門部会」の専門部会構成員
  • 情報処理推進機 サービス妨害攻撃の対策等調査 検討会委員

寄稿・講演

  • PHP総研「2011年の世界情勢」共同執筆 「サイバー空間における新たな脅威」
  • インプレス「世界のスマートグリッド政策と標準化動向2011」 共同執筆 「スマートグリッドにおけるサイバーセキュリティ」
  • 拓殖大学 海外事情研究所 海外事情(2011年6月号) 寄稿 「サイバー空間における事象の変化と既存対策の限界」
  • 日本再建イニシアティブ「日本最悪のシナリオ 9つの死角」 共同執筆 「サイバーテロ」他 講演多数