原 嵩

パートナー, PwC税理士法人

国際税務/M&Aグループ
公認会計士、税理士、英国勅許税理士

略歴

金融、M&A事業戦略の立案・執行の業務経験を踏まえた日系企業の対外展開に係る国際税務アドバイザリー業務、日系企業の国内事業統合に係る税務アドバイザリー業務を含むM&A税務業務全般に従事している。

1998年に大手金融機関に入行後、2002年PwC税理士法人へ入所。金融・M&A税務業務に関与後、欧州系投資銀行東京支店にて製造業のクロスボーダーM&A・直接金融の立案・執行業務に従事。2008年から大手会計事務所のロンドン事務所にて欧州を中心としたM&A・国際税務業務に従事。同東京事務所のM&A税務部門にて多数の大型クロスボーダー買収案件、大型国内事業統合案件の関与経験を経て2015年にPwC税理士法人へ復帰し、2017年より現職。

ロンドン大学LSE (London School of Economics and Political Science)(国際税務)修士課程修了。

公認会計士・税理士・英国勅許税理士

お問い合わせ

Contact details

Email

プロジェクト実績

  • 日系商社による米国事業の買収案件に係る税務アドバイザリー業務
  • 複数の日系電機メーカーの事業統合に係る税務アドバイザリー業務
  • 日系重工業会社と欧州系重工業企業のグローバルJV組成に係る税務アドバイザリー業務
  • 日系電機のグローバルカーブアウトに係るセルサイド税務アドバイザリー業務
  • 日系自動車部品のグローバルカーブアウトに係るセルサイド税務アドバイザリー業務 
  • 日系企業による各種権益の買収及び売却に係る税務アドバイザリー業務 他多数

その他実績

  • 「英国における欧州地域統括拠点に係る英国税務の概要(1) (2)」(「国際税務」国際税務研究会 2011年11月/12月)
  • 「英国パテント・ボックス税制の利用上の留意点」(「旬刊経理情報」中央経済社2012年12月)
  •  「英国での租税回避行為を巡る議論の動向を中心として」(「国際税務」国際税務研究会 2013年9月)
  • 「グローバル税務パーチェス・プライス・アロケーション(グローバル税務PPA)における税務上の留意点」(PwC 2016年8月)
  • クロスボーダーM&Aのストラクチャー検討時の留意点〈上〉税務・会計編」(「旬刊経理情報」中央経済社20169月)
  • 「スピンオフに関する組織再編税制の改正」(PwC 20175月)

プロフェッショナルビジョン

国際的な大規模企業買収、大規模な多国籍な事業の売却、組織再編等に係る税務は年々高度化・複雑化しており、クライアントにおいて人的リソース面も含めて多くの税務上のチャレンジを生み出していると考えます。この様な高度に複雑化された税務領域において、多数の案件で深度のある業務経験を関与させていただいてきました。当該関与により蓄積した知見により、クライアントに対して、税務のアウトソーシング先として実務的なアドバイスを提供し、難易度の高い税務業務を適切に実施・完了させる有事の良き信頼される税務アドバイザーとしてクライアントに貢献したいと考えます。