豊田 明子

豊田 明子

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

専門分野・担当業界

M&Aフィナンシャルアドバイザリー、コーポレートファイナンス

略歴

2016年10月にPwCアドバイザリー合同会社入社。クロスボーダー案件を中心に国内外の案件オリジネーションおよびエグゼキューションを担当。ディールズヘルスケアセクターのリーダーも務める。

PwCアドバイザリー合同会社入社以前は、みずほフィナンシャルグループなどで約19年間、一貫してM&Aアドバイザリー業務に従事。製造業・サービス業(主に電機・機械、化学、鉄鋼セクター、および関連サービス業)の案件にフィナンシャルアドバイザーとして多数関与。上場企業ならびに中堅・中小企業の国内外の買収・売却案件の他、事業統合などの会社法上の組織再編、LBO(レバレッジドバイアウト)、JV(ジョイントベンチャー)設立、敵対的買収防衛アドバイスなど、幅広い形態の事案を手掛ける。

1992年に第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。大手化粧品メーカー・外資系化学メーカーグループなどの法人融資業務に従事した後、企業派遣により米国留学。帰国後に同行およびみずほフィナンシャルグループ持株会社にてIR業務を担当。2001年にみずほ証券に転籍して以降、Lazard、Huron Consulting Group、みずほコーポレートアドバイザリーにおいてM&Aアドバイザリー業務に従事。

東京大学教養学部第三国際関係論分科卒業、ハーバードビジネススクール修了(MBA)

過去の関与実績

  • クロスボーダー・海外案件
    • 日系商社による中国フィルター事業の独企業への一部持分売却およびJV設立
    • 日系電機メーカーによる米国企業との間の空調販売JV設立
    • 真空断熱容器メーカーグループ(日台米)による独メーカーの買収
    • 日系建設・土木機械メーカーによる米国製造会社の買収
    • 香港投資会社による電子部材商社(中国/ASEAN)の香港商社への売却
    • 日系検査装置メーカーによる日系工作機械メーカーおよび香港投資会社を引受先とする第三者割当増資の実施(三社間の資本提携)
    • 日系商社によるインド自動車部品製造会社/香港機械商社の株式取得
    • 日系化学メーカーによる欧州会社からの事業買収/米国会社株式買収
    • 日系重電メーカーによる中国変電機器メーカーの買収
    • 日系自動車メーカーによる米国JV解消
  • 事業統合・資本業務提携案件
    • 印刷関連2社による出版商印事業における資本業務提携
    • 化学メーカー2社間の子会社株式譲渡および第三者割当増資
    • 総合電機メーカー2社による変電/産業機器事業の統合(共同新設分割)
    • 油圧機器など機械メーカー2社による持株会社方式統合(株式移転)
    • 総合電機メーカーによる自動車部品メーカーの統合(株式交換)
  • プライベートエクイティ(PE)ファンド関連
    • Principal投資会社(金融グループ)による酪農機器商社の買収
    • PEファンドによるイメージングデバイスメーカーのExit売却
    • PEファンドによる携帯販売会社の買収、およびExit売却
    • PEファンドによる医療機器メーカーのExit売却
    • 出版会社によるPEファンドポートフォリオ会社(専門雑誌出版)買収
    • PEファンドによる上場会社からのカーブアウト買収(加工機製造サービス)

※その他、電機・機械、化学、鉄鋼業界における国内の買収・売却案件多数、および敵対的買収防衛策アドバイザリー提供

Contact details

Email