蒲池 茂

パートナー, PwC税理士法人

事業法人部
公認会計士、税理士

略歴

1994年10月から青山監査法人にて勤務。2000年7月より、当法人に勤務。2003年から2005年までPwC中国北京事務所に駐在。主として組織再編、企業買収、国際取引に関する税務コンサルティングに従事。

お問い合わせ

Contact details

Email

プロジェクト実績

  • 日本および米国の大手証券会社の統合案件
  • 総合商社による海外投資案件
  • 大手日系製造会社による海外進出支援など

その他実績

  • 「M&A企業再編の実務Q&A」(中央経済社)
  • 「株式・新株予約権税務ハンドブック」(中央経済社)
  • 総合的財政的財政貢献調査(2013年、2014年)
  • 海外進出/投資に関わる税務問題調査(2011年)

プロフェッショナルビジョン

企業の事業再編や海外進出にあたっては、ちょっとしたストラクチャーの違いや手続きの漏れから思わぬ大きな税金問題に発展する可能性があります。

このような税金費用は、事前の検討と準備により大きく違ってくるものです。税金費用がクライアントの事業活動の障害とならないよう、税法の正しい理解と解釈に基づき、税務リスクを十分に検討し、企業の皆様が予期せぬ税務上の課題に直面しないようアドバイスすることが我々税務アドバイザーの付加価値であると考えています。

クライアントのM&Aや海外展開が加速する中で、クライアントのよきビジネスパートナーとしてクライアントの事業展開に即した税務アドバイスを行うよう心がけています。